おいしいお茶の淹れ方

おいしいお茶の淹れ方

おいしさのポイント

ポイント1.

お茶の新鮮な香りや味わいを楽しむには、その都度新しい水を沸かすとよいでしょう。
水道水の場合は、沸騰後にヤカンのフタを開け、3~4分煮たたせるとカルキ臭がとれます。
ミネラルウォーターを使う場合は、できるだけ軟水のものを使います。

ポイント2. 茶葉の量

ティースプーンを使って量ります。
湯のみ1杯分はティースプーン山盛り1杯、2杯分は軽く山盛り2杯、3杯分はすりきり3杯が目安です。

ポイント3. お湯の温度

お茶には、旨み成分のテアニン、渋み成分のカテキンが含まれています。高めの湯温で淹れると渋み成分カテキンが、低めの湯温では旨み成分テアニンが抽出しやすくなります。渋みと旨みのバランスのよい湯温は80~70℃ですが、お好みに応じてお楽しみください。

お茶の淹れ方

1. お湯の準備
軟水の水を沸かしたお湯を用意します。

↓

2. 湯さまし
湯のみの8分目までお湯を注ぎます。湯のみに注ぐだけで約10℃下がると言われています。湯さましを使うと、より速く湯温を下げることができます。

↓

3. 茶葉の準備
ティースプーンを使い、人数分の適量の茶葉を急須に入れます。

↓

4. 蒸らす
適温になったお湯をゆっくりと急須に注ぎいれます。
急須を揺すらず、フタをして約30秒静かに蒸らします。
※急須を揺するとお茶の苦みや渋みが余計に出てしまいます。

↓

5. 蒸らすお茶を注ぐ
複数の湯のみに注ぐ場合は、お茶の濃度が均一になるようにまわし注ぎをします。
(3客の湯のみに注ぐ場合、1→2→3と注いだら、3→2→1の順番でまわし注ぐ)
旨みがたっぷり濃縮された最後の一滴まで注ぎきりましょう。そうすることで、2煎目以降もおいしくいただけます。